雑草に自動ブレーキが働いてびっくりしてしまった

この前、車を運転しているときに、急にピーという警告音がして、自動ブレーキが作動しました。
自分の意図とは別に、がっくんというような強いブレーキがかかってびっくりしてしまいました。
後ろに車がいなかったので良かったものの、こういう止まり方をすれば、後ろの車もびっくりしてしまうでしょう。
到底ブレーキをかけるような状況でもなく、不意のことに驚いてしまいました。
そのとき走っていたのは、道幅の狭い住宅路だったのですが、よくよく周囲を見てみると、背の高い雑草がちらほら生えています。
おそらく、車の左側のセンサーが雑草を障害物だと認識してしまったようで、自動ブレーキが働いたと思われます。
でも、普通に運転している時には、大きな木ならともかく、雑草なんてぶつかっても気にすることはありません。
安全性能も、高度になってきているとはいえ、まだまだいろいろと課題がありそうですね。
それに、急ブレーキで停車しても、後ろの車から突っ込まれてしまえば逆に危険なので、そういう部分にも改良の余地はありそうです。
借金 相談 千葉

暴走老人を増やさないようにするために考える事とは

犯罪や社会問題というと、その中心にいるのは若者ばかりだと思ってしまうような人も多いですが、現代では若者よりもむしろ高齢者による事件だったり犯罪というのも多いものです。若者の見本であるはずの高齢者がこうした事件を起こしてしまうのは、高齢者にとって親切な世の中ではないということと、時代の変化に高齢者が取り残されているということもあるでしょう。ですから本を読んでいったん考えてみるということも必要です。そこで、『暴走老人・犯罪劇場』が発売されました。暴走老人は現代の病といっても良いですし、社会現象でもあるでしょう。超高齢化社会・ニッポンで増加する高齢者の犯罪について考えてみましょう。なぜ、彼らは犯罪に走るのか、ということは、知られざるアウト老たちの実態に迫る、迫真のルポで知ることもできます。これからもっと高齢化社会は進みますが、マナーを守れないような社会にならないようにしていくことというのが必要です。脱毛 腕