音楽にも注目!「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

レオナルド・ディカプリオが主演の 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。2013年に公開と、少し前の映画ですが、なかなか面白かったので紹介します。まず、この映画は好き嫌いがハッキリ分かれる映画だと思います。が、私にはバッチリはまりました。学歴も経験もお金もない、ジョーダン・ベルフォートがウォール街でのし上がっていく姿を描いた物語です。酒・金・女・暴言のパレードな映画ですが、大富豪になっていくディカプリオがとにかくカッコいい!アカデミー賞にもいくつかの部門でノミネートされた作品です。映画の中で私が気に入ったのは音楽です。随所、随所でインパクトのある曲が盛大に流れます。調べてみると映画を作る中でもこだわったようで、劇中では50曲以上の楽曲が使われており、サウンドトラックCDに収録しきれないほどだったそうです。もし、これからこの映画を見る方は度派手なストーリーだけでなく、バックで流れる音楽にも注目してみてください。ミュゼ 100円 期間