雑草に自動ブレーキが働いてびっくりしてしまった

この前、車を運転しているときに、急にピーという警告音がして、自動ブレーキが作動しました。
自分の意図とは別に、がっくんというような強いブレーキがかかってびっくりしてしまいました。
後ろに車がいなかったので良かったものの、こういう止まり方をすれば、後ろの車もびっくりしてしまうでしょう。
到底ブレーキをかけるような状況でもなく、不意のことに驚いてしまいました。
そのとき走っていたのは、道幅の狭い住宅路だったのですが、よくよく周囲を見てみると、背の高い雑草がちらほら生えています。
おそらく、車の左側のセンサーが雑草を障害物だと認識してしまったようで、自動ブレーキが働いたと思われます。
でも、普通に運転している時には、大きな木ならともかく、雑草なんてぶつかっても気にすることはありません。
安全性能も、高度になってきているとはいえ、まだまだいろいろと課題がありそうですね。
それに、急ブレーキで停車しても、後ろの車から突っ込まれてしまえば逆に危険なので、そういう部分にも改良の余地はありそうです。
借金 相談 千葉