かつてスーパーのレジの仕事のストレス解消にネットで大好きな仕事であるポスティングの記事を見ていた事

私はかつて2年間スーパーのレジで働いていて1年前に経営不振で解雇されましたが、本当にストレスいっぱいで
今すぐにでも辞めたいという気持ちでいっぱいでした。しかしそれよりも前にポスティングの仕事を長年続けていましたが、
その仕事はレジの仕事と違って本当に趣味の領域で決してやめたくありません。レジの仕事は主人に言われて嫌々応募したのです。
このようにストレスの多いレジの仕事を忘れて平和な心を持続させるには、ネットで大好きなポスティングの記事を
見ることに限ります。特に実際に配布物を配っている写真があり、特に写真を見ると晴れやかな気分になり、
気持ちも高揚します。レジの仕事とポスティングの仕事とそれほでまでに大きなギャップを感じているわけですが、
適性というものがあるので仕方がない部分もあります。ある日、レジの仕事で上司にすごく怒られ時があり、その時にポスティングの記事を見て
気持ちを落ち着かせましたが、この仕事こそ私にとっては本当になくてはならない必要不可欠なものであると強く感じました。
さらにレジが通用しなくてもポスティングという大好きな仕事があるという事実をさらに確証するためにも、
スーパーのレジの仕事を辞めるまでは、ネットにおけるポスティングの記事をストレス解消に大いに活用したものです。