あのお天道様部門に響き渡っていた女性生徒陣の会話が聞こえて来るようです。

セミナーというところで、子ども・塾生などとして過ごしていと、中には神業だったり、どっか常識はずれの店頭を持っていたり、心に留まる同僚と巡り会うものです。きょう、何のノリか、とあるお客様と恋人の行動を思い出しました。そのYは横の範疇の塾生でした。数回広告を交わしたくらいで、特有睦まじい関係ではありませんでした。ある日恋人と親しかった私の範疇のSがいう。Yは今度の運動会の仮装行列の準備をもうしているらしいと。何を計画しているのかと予測は膨らみましたが、ぜんぜん先見はつきませんでした。次に伝わってきた概要は、Yが放課後、水を入れた「たる」にトイレットペーパーを入れて、熱心に何か研究をしているという存在でした。運動会今日、仮装行列がスタートしました。様々な格好をした塾生たちが範疇ごとに車両を進みます。その時でした。婦人塾生の雄叫びが聞こえ始めたのです。見学していた塾生の客席からでした。その所感が上がっている場所に、Yがいました。Yは両肩で棒を支えその両端に一つずつ大きな「たる」をぶら下げ、大きなひしゃくで婦人塾生めがけて黄色い液体をまき散らしていました。恋人が研究していたのは、いかにして本物らしいものをまき散らすことができるかだったのです。恋人は白いステテコ様子に腹巻をし、白い汗取りシャツを着ていました。眼鏡の偽りに大きな目線を描いた用紙をキッパリレンズのがたいで張り付けていました。雄叫びの中で、液体をまき散らす恋人の口元はちっとも笑っていませんでした。ポスターカラーの香料の中で恋人の真剣な感じが伝わって来ました。仮装行列の近辺から分かる雄叫びと、飛び散る液体、ひしゃくを移すステテコ様子のY、こういうエキサイティングな現実はこういう仮装行列のメインと当てはまる存在だったと思います。http://www.atlasapp.me/